神戸でマンションリフォーム・中古住宅リノベーション

ご自宅を写真スタジオにリノベーション

住まい手のなくなったご自宅を写真スタジオにリノベーションして活用したいとのご依頼でした。 築年数が経過したご自宅は耐震性が不足しており、間取り変更に伴って構造補強を施す必要がありました。 トレンドを反映させたキッチンや、様々なニーズに応えるための撮影スペースなど、スタジオとしての機能を盛り込んだ事務所へのリノベーションです。 思い出の詰まったご自宅でしたが一部を除いてスケルトンになり、新たな用途を満たすべくここに再生を果たしました。
施工地域神戸市兵庫区
物件情報木造2階建て約80㎡
工事概要解体撤去工事、構造補強工事、間取り変更、玄関ドア交換、キッチン交換、内装仕上げ工事、屋根重ね葺き、電気幹線増設その他
工事費用約410万円(税込)
工事期間約1ヶ月(令和元年9月竣工)


壁付けのキッチンはアイランドキッチンへと配置を変え、内装をホワイトに統一して様々なバリエーションに対応できるよう想定しています。 ※ 撮影用のためレンジフードは設置していません。




階段はそのままに袖壁の一部を取り払い、ストリップ階段ならではの開放感を演出しました。
スケルトン化によって2階からの光も差し込むようになり、自然光を採り込むことができるようになりました。




洗面スペースは内装のリニューアルのみでコストダウンを図り、撮影に特化した空間づくりに努めました。
床はお手入れや貼り替えが容易な木目調のクッションフロアで統一し、敷物などでアレンジが効くように想定しています。




寝室だった和室は襖を取り払ってキッチンへつながるひとつの空間とし、明るく効率的な事務スペースが生まれました。




2階の撮影スペースは間仕切り壁や天井をすべて取り払い、スケルトンにして梁や方杖で構造補強を行っています。
こちらも全体に白を基調とした内装に統一し、クライアントの要求に対応できるよう可変性を持たせています。




屋根の中央には天窓がありましたので、天井を撤去してダイレクトに自然光を採り込めるよう計画しました。
内装は撮影対象に応じて壁紙を貼り分け、照明は最低限のスポットライトのみとして撮影用のライティングがどの位置でも設置できるよう電源を増設配置しています。




屋根鋼板は旧塗膜が剥離して腐蝕が進行していましたので、JFE鋼板の「フットロック瓦棒」を重ね葺きしました。

フットロック瓦棒…ワンピース構造でシンプルなデザインが特徴の改修カバー工法で、「足踏みによる嵌合」による簡単で迅速な施工が可能であり、様々な働き幅の心木なし瓦棒葺屋根や立平葺屋根の改修に対応可能です。




竣工後に実際の撮影テストのカットをいただきました。
石調の壁紙や撮影サンプルをレイアウトすることで、自在にイメージをコントロールする撮影技術を見ることができます。
かつてのご自宅が作品を生み出す写真スタジオへと生まれ変わり、第二の役割を与えられて新たな歴史が続いていきます。




お問い合わせ・資料請求

株式会社リフォーム計画室への資料請求・お問い合わせは、お電話または以下のメールフォームより受付しております。現在のお住まいの問題点やリフォーム・リノベーションについて、ご不明点やご相談などございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。また、ご希望の資料がございましたら、選択項目よりお選び下さい。通常約1~2週間でお手元へお届けさせていただきます。なお、フォームにある項目以外の資料をご希望の方は、コメント欄にご入力ください。(玄関ドアやフローリング、給湯機など)

お電話でのお問い合わせ

078-797-8750
(受付時間 9:00~18:00)

メールでのお問い合わせ

お問い合わせ内容を確認後、担当者よりご連絡させていただきます。必要事項をご入力のうえ、「確認ボタン」を押してください。

現在のお住まい(今後のご購入予定を含む)
一戸建てマンションその他

資料請求をご希望の場合